弁護士費用には保険が使えます。

交通事故は、だれしも巻き込まれないように努めていますが、思いがけずに起きてしまうのが交通事故です。事故が起きた場合に、まず連絡するのは警察と、任意保険の保険会社で、保険に加入していれば、通常はその後、保険会社が相手との交渉を代行してくれます。 保険会社は、過去の経験と事例の蓄積から類似の事例を見出すことで、損害の見積もりや過失割合の評価を行いますが、いかに過去の事例がたくさんあっても、まったく同じ事例は二つとしてあり得ません。 過去の事例を基準にした評価は客観的ということができますが、実際に起きた事故の状態に照らし合わせて、納得がいかない場合は弁護士に相談することもできます。 弁護士費用特約に加入していれば、弁護士費用は保険会社が負担して、翌年以降の等級にも影響しないので、安心して相談することができます。弁護士は、保険会社に紹介してもらうこともできますが、知っている人がいれば、事前に保険会社に了解を得て、費用を支払ってもらうことも可能です。 なお、この特約は、保険に加入している車一台に限定されないので、家庭に2台以上車がある場合、1台に弁護士費用特約を付けておけば、他の車の場合にも利用することができます。

弁護士の凄い情報

新着情報

↑PAGE TOP